MENU

妊娠しやすい方法といえばなに?

 

 

妊娠しやすい方法といえば、基礎体温表をつける、ということです。
自然に妊娠をするには、基礎体温表をつける、ということを忘れてはなりません。
というのも、基礎体温表を2ヶ月から3か月もつけていると、子宮、卵巣といったものの状態を映し出すようになっているのです。

 

仕事上などによってストレスを抱え込んでいる時というのは、生理周期が乱れてしまい、基礎体温表もガタガタの状態になってしまうものです。

 

そのような経験のある方も多いのではないでしょうか。
丁寧に記入していれば、2ヶ月から3ヶ月あれば基礎体温表からでも排卵日をある程度は予測することができます。
もちろん黄体機能不全の疑いがあるかどうかも確認することができるのです。

 

もちろん、排卵の日を予測する、といううえでも重要になります。
基礎体温を測定する、ということは家庭でできる不妊検査であって、自分自身が妊娠に対してアプローチをすることができるのです。

 

また、その上で排卵検査薬を使用するというのが効果的です。
排卵検査薬を使用して陰性だとしても、すぐに諦めるのではなく、排卵検査薬で陽性が出た時のために気持ちを切り替えて妊活にチャレンジしていくようにしてください。