MENU

排卵検査薬って買うのに勇気が要る

 

不妊治療には42歳までは補助金が出ますが、それ以降になってしまうと、自腹になってしまいます。
でも、43歳を過ぎたって、子供が欲しい人はいるわけですよね。
年齢なんかで「はい、あなたはおしまい」なんて簡単に諦められません。
それこそ、閉経が来るまでは、なんとか一人くらい、子供は欲しいっていう人はいます。
特にお金持ちの夫婦で、財産を継がせたいとかいう事情がある場合は、跡継ぎなんかを必要としているケースもありますからね。
ただ、お金持ちの場合は、体外受精だって何度も出来る可能性がありますが、一般人の場合は、平均的に30万円前後もかかる体外受精を何度も出来る訳ありません!
それこそ、最初は、amazonで排卵検査薬などを購入して、まずはタイミング法も試してみたいっていうケースもあると思いますからね。
amazonで排卵検査薬を購入すれば、それほど妊活費用はかかりません!
それでも、時間がなければ、やっぱり体外受精などで、何としてでも子供を産みたいっていう人もいますしね。
最後はやっぱり、どれだけ子供が欲しいかという、強い気持ちですよね。
子供が欲しいと思う気持ちがあれば、やっぱり自分が納得するまで妊活してみるべきなんじゃないのかなって思います。